インターネット回線を選ぶ際に最も重要なのは通信速度でしょう。そこで心配になるのが「メガエッグは遅い」という意見。では実際にはどうなのか、ネット上の評判を集めて検討してみましょう。

メガエッグの公式通信速度は?

公式サイトで確認できるメガエッグの通信速度はプランによって異なります。戸建て住宅向けのプランには2つのプランがあり、定額制の光ネット[ホーム]の公式速度は最大1Mbps、使用量によって料金が異なる光ネット[ホームライト]の公式速度は100Mbpsとなっています。

集合住宅向けのプランである光ネット[マンション]については、料金プランは定額制の1種類のみです。公式速度は光ネット[ホーム]と同じく最大1Gbpsですが、一部の集合住宅については最大100Mbpsと記載されています。

公式速度は他社と変わらない

最大1Gbpsという公式速度は、フレッツ光やauひかりなどの大手と同程度です。中には2Gbps以上の高速度通信を提供する会社もありますが、提供エリアが限定されている場合がほとんどです。つまり、基本的にはメガエッグと他社で通信速度に差はないということになります。

公式速度と実際の速度は異なる

公式速度の1Gbpsという数値は、現状のインターネットであればオーバースペックともいえる程の高速度です。動画などの閲覧であれば10Mbps程度あれば十分とされているためです。

しかし、残念ながら実際に利用する際の通信速度はこれほど速くはありません。その理由は、メガエッグの公式としている通信速度はベストエフォート時の速度だからです。

ベストエフォート方式とは

ベストエフォートとは、「最善の努力」という意味です。つまり、メガエッグが掲げる公式速度は「最大限に性能が発揮されたときはこの速度が出ます」という目安に過ぎないのです。

メガエッグは回線を複数ユーザーで共同利用するサービスであり、利用時間帯、閲覧先の状況など様々な理由により通信速度は変化します。たとえば、夕方から夜にかけては多くの人がインターネットを利用するため回線が混雑し、速度は遅くなります。連休で渋滞している高速道路をイメージしていただければわかりやすいでしょう。

したがって、公式速度をイメージしていると実際にそれほど速いとは感じられず不満を持ってしまう可能性があります。光回線を選ぶ際には、ベストエフォートだけを参考にしてはいけないのです。

大手通信サービスはベストエフォート方式

フレッツ光やauひかりなど、一般家庭向けの通信サービスのほぼ全てが公表している通信速度は、このベストエフォート時の速度です。したがって、メガエッグが他社より劣っているというわけではありません。

ちなみに、一定の速度を保証するギャランティ方式という通信サービスもありますが、これは通信速度が業務に大きく影響する企業や団体向けに採用される方式です。基本的には一般家庭向けには提供されません。

メガエッグの速度に関する評判は?

それでは、実際にメガエッグを利用している方は通信速度についてどのように感じているのでしょうか。Twitterでの評判を確認してみましょう。

「メガエッグは速い」という意見

Twitterで「メガエッグ 速い」で検索したところ、通信速度が速い、満足という声は9件程度ありました。また複数の情報サイトで実際の速度を計測した結果が公開されており、すべて十分実用に耐えうる速度だと結論づけられています。

「メガエッグは遅い」という意見

メガエッグは速いと感じる人がいる一方、「メガエッグ 遅い」で検索すると、通信速度に不満を感じるという意見が数件見受けられました。印象としては満足している人の方が多いもの、不満を感じる人も一定数いるようです。

メガエッグが遅いと言われる理由

なぜ、メガエッグの通信速度は人によって遅いと感じるのでしょうか。各々の詳しい状況を知ることができませんので推測となりますが、その理由を考察してみます。

光ネット[ホームライト]に契約している

戸建て用のプランの1つである光ネット[ホームライト]は最大速度が100Mbpsと、別プランである光ネット[ホーム]の1割に過ぎません。100Mbpsでも実用には十分耐えうるのですが、利用状況によっては遅く感じる可能性があります。

旧プランの「メガ王」を利用している

メガエッグが以前扱っていた料金プランに「メガ王」というものがあります。このプランで契約していると最大速度が100Mbpsになりますので、[ホームライト]と同様に速度が遅く感じられてしまうかもしれません。

通信速度が制限される住環境である

公式サイトによると、一部のエリアや集合住宅では設備の関係上、速度が大幅に低下してしまう可能性があるとのことです。特に集合住宅では、共有回線から各部屋へ繋げる回線が光ファイバーではなく電話回線などを流用することがあります。このような配線方式だと通信速度が遅くなってしまう可能性があります。

メガエッグ利用者の密集地に住んでいる

光回線は複数のユーザーが共同で使用しています。したがって近隣にメガエッグの利用者が多いほど、回線が混雑してしまい、結果、速度の低下につながります。都市部など人口密集地ではこの要因による速度低下が起きやすくなるでしょう。人気のない回線ほど快適に使えるという皮肉めいた話もあるほどです。

使用している機器が古い

古いパソコンの場合、メモリや処理速度に難点があることが多く、また経年劣化によって元々の性能が発揮できない状態になっていることもあります。その結果、いくら回線の通信速度が速くてもパソコンが情報を素早く処理できず、遅く感じてしまう可能性があります。機器に関しては、パソコンだけではなくルーターなどの周辺機器も通信速度に影響していることがあります。

結論:「メガエッグだから遅い」ということはない

メガエッグの通信速度に関する結論としては、

・メガエッグが特別に遅いとは言えない、

と考えられます。もしメガエッグに何らかの不備があるとすれば、ここまで賛否が分かれることはないからです。
インターネットの通信速度は、回線だけではなく、プロバイダや利用環境、利用時間帯、使用機器など様々な要因が重なって決定されます。
メガエッグに限ったことでありませんが、光通信の速度を十分に生かしたい場合は。それが実現可能な通信環境を整える必要があるでしょう。