メガエッグを新規契約した際は基本的に開通工事が必要となります。工事方法や工事費などの初期費用、工事に伴う注意点などを確認し、光回線選びの参考にしましょう。

メガエッグ光ネットの工事内容とスケジュール

基本的な工事内容

メガエッグ光ネットの工事内容は一般的な光回線の工事と同様です。電柱から光ファイバー(インターネット回線)を宅内に引き込み、宅内にモデムなど光回線の端末機(回線接続装置)を設置します。公式サイトには「回線接続装置にはAC100ボルトの電源が必要」とありますが、一般家庭のコンセントはAC100ボルトですので特別気にする必要はないでしょう。

開通までのスケジュール

まず、公式サイトなどからメガエッグ光ネットを申し込みます。その後、電話にてプランやサービスについて専門スタッフからの説明が行われます。この時に工事などの日程調整も行われます。

工事の前に宅内調査が実施され、電柱から宅内への引き込みルートと建物内の光回線の端末機設置場所の確認を行います。工事は、電柱に用意しておいた光ファイバーケーブルを建物に支持し、部屋内に端末機を設置して終了となります。工事自体は2時間程度で終了し、その後はすぐにインターネットが利用可能です。

申し込みから利用開始までの期間は1ヶ月~2ヶ月程度が目安ですが、建物や設備の状況ではこれよりも長くなります。

メガエッグ光ネットの初期費用と工事料金

工事等の初期費用と支払い方法

メガエッグ光ネットの標準工事費は35,000円です。これに契約事務手数料の3,000円を加算した合計38,000円が初期費用となります。

〈メガエッグ光ネット初期費用〉
一括払い 分割(35回)払い
標準工事費 35,000円 1,000円/月×35
契約事務手数料 3,000円 80円/月×34+280円(最終月)

支払い方法は一括払いの他に35回の分割払いも可能です。一括払いを選択の場合、開通月の翌月に利用料金と一緒に支払う形となります。分割払いを選択した場合は、開通月の翌月より35ヶ月、初期費用が利用料金に上乗せされます。なお分割払いの中途で解約した場合は残額を一括で支払うことになりますので注意が必要です。その他の追加工事費が発生した場合は一括払いのみの対応となります。

決済手段は3つ

支払いの決済手段は以下の3つから選択することができます。これは初期費用だけでなく利用料金を支払う際も同じです。

・預金口座振替
・ゆうちょ銀行自動払込
・クレジットカード払い

具体的な支払い日時は、銀行による払込の場合は毎月26日(金融機関休日の場合はその翌営業日)に預金口座より振り替えられます。クレジットカード払いについてはクレジットカード会社の取扱いにより異なります。

キャンペーン 新規契約の場合は工事費が実施無料に

新規でメガエッグ光ネットに申し込んだ場合、35ヶ月にわたって月額料金から1,000円が割引されます。総額35,000円ですので、実質的に工事費が無料になる形です。ただし、途中解約した場合の割引は解約の前月までとなりますので、工事費と同額分の割引を受けるには約3年の期間、利用し続ける必要があります。

工事に伴う注意点

メガエッグ光ネット工事の際には、お住まいの環境や状況などによっては注意すべき点がいくつかあります。不安な場合は申込み時に確認しておくと良いでしょう。

・戸建の場合は環境によってサービス提供エリア内でも利用できない可能性があります。
・メガエッグ 光ネットを賃貸住宅にて利用する場合は、建物所有者から、施工の承諾を取っておく必要があります。
・標準工事費用は35,000円ですが、工事内容によっては別途費用が発生する可能性があります。
・一旦設置した設備の移転や屋内への回線引き込み場所の変更 など、再度工事を行う場合の工事費は実費となります。
・解約や乗り換えなどにより撤去工事を行う際は、別途費用が必要になる場合があります。また、回線撤去後の建物(屋内および屋外)の原状復帰にかかる費用は実費負担となります(撤去費用10,000円)。

メガエッグ光電話の内容と切り替え工事について

メガエッグ光ネットに契約するとオプションとして光電話を利用することができます。これは電話回線をNTTからメガエッグの光回線に切り替えるサービスです。切り替えることで以下のメリットがあります。

・月1,700円かかるNTTの住宅用料金が不要
・固定電話への通話料は全国一律で3分7.5円。メガエッグ光電話同士なら0円。
・NTTでの電話番号をそのまま引き継げる。電話機の交換も不要(一部除く)。
・110、119などの緊急ダイヤルやフリーダイヤルも利用可能。
・光電話ルータ(WIFI)によって家中でインターネットが利用可能。

電話を利用する際の初期費用

メガエッグ光電話の基本工事費は3,000円です。これに加えて、NTTから電話番号を引き継ぐ場合は番号割り当て手数料として2,000円必要となります。また、NTTから休止工事費が別途2,000円請求されます。

〈メガエッグ光電話の初期費用〉
一括払い 分割払い(35回)
光電話基本工事費 3,000円 80円/月×34+最終月280円
番号割当手数料(対象時) 2,000円 55円/月×34+最終月130円
NTT休止工事費(対象時) 2,000円 -

こちらも光ネットと同様、一括払いの他に35回の分割払いも可能です。分割払いの中途で解約した場合は残額を一括で支払うことになります。

メガエッグ光電話の利用料金

光電話の月額料金は500円です。基本使用料は無料なのですが、光電話に必要なWi-Fiルータのレンタル料として月額500円かかるためです。また電話を2回線分利用する場合にはさらに月額500円が必要となります。

新規加入割引で工事費が無料に

新規加入割引として、光電話の開通月の翌月から34ヶ月は80円、最終月は280円が月額料金から割引されます。総額3,000円となりますので実質工事費が無料となる形です。なおこちらも光ネットの割引同様、途中で解約した場合、割引は解約の前月までで終了します。

光電話の支払い方法

初期費用と月額料金はメガエッグ 光電話の利用開始月から、通話料金と付加サービス料金は利用開始の翌月から、メガエッグ光ネットの料金とあわせてご請求されます。したがって支払い方法も光ネットに準じる形となります。

光電話の工事内容

光電話の工事の内容は、光ネット同様、屋外の光ファイバー回線を宅内の回線接続機につなげるまでとなります。回線接続機とWi-Fiルータ、およびWi-Fiルータと電話・パソコンなどの端末の接続・設定は各自で行うことになります。もしこれらの設定が難しい場合は別途のセットアップサービスを利用すると良いでしょう。